『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』※途中

f:id:barrynoether:20171219185243j:plain

【鑑賞直後の感想】

シリーズ中で脚本が最高だった。ルーカスがやったように特色ある惑星やクリーチャーを登場させ、さらに無駄なくストーリー展開にも利用した。惑星クレイトのクリスタルの狐は、単に特徴あるクリーチャーとして登場するのみならず、レジスタンスが脱出口を見つけるヒントを与える。後述するように惑星クレイト自体も、特徴を持つだけでなく演出上の意図のもとでデザインされたのだろうと思う。

youtu.be

続きを読む

『複製された男』とドゥニ・ヴィルヌーヴ

f:id:barrynoether:20171215145304j:plain

私がこの文章を打っているこの瞬間の日付は12月14日である。

あなたは今夜寝る直前にベッドに入りながら、スマホを手にし、友人とLINEしていたとしよう。すでに日付が変わりかけている時間帯に、あなたは友人に次のようにメッセージを送ったとする。

「明日、丸の内のイルミネーション観に行かへん?」

続きを読む

『gifted/ギフテッド』


※12/13修正:メアリーの母(エブリンの娘,フランクの姉)の名前を「ボニー」としていましたが、正しくは「ダイアン」でした。f:id:barrynoether:20171212161137j:plain

 【あらすじ】※事前に公開された情報から読み取れること

早くに母親を失ったメアリー(マッケンナ・グレイス)は、叔父のフランク(クリス・エヴァンス*1に引き取られ生活していた。

7歳を迎える年になり、フランクに促され嫌々登校したメアリーに、数学の才能*2が発覚。

それを聞きつけたフランクの母エブリン(リンゼイ・ダンカン)は、メアリーの才能を伸ばすため彼女をフランクから引き取ろうとする*3......。

 

youtu.be

 

*1:キャプテン・アメリカの人。

*2:予告編に登場するのは、暗算の才能。それからガウス積分なんかをやったり。

*3:こういう展開では、孤独な男と子供がせっかく仲良し(観客の同情を引く)でいるのに、養育の面で裁判に勝利しやすい金持ちの大人が登場し、2人の仲を引き裂こうとする流れになるので、観客は2人を応援するところまでが定番である。例:『クレイマー・クレイマー』

続きを読む

「北斎とジャポニスム」展

北斎ジャポニスム HOKUSAIが日本に与えた衝撃

国立西洋美術館(上野公園内) 

f:id:barrynoether:20171129204548j:plain

 

2017年10/21(土)~1/28(日) 

09:30-17:30(最終入場17:00)

ただし月曜日、年末年始などは休館 ※詳細はHPをご参照ください

続きを読む