読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WORDS

-それ以外に抽象しようのない-

映画「メッセージ」

映画「メッセージ」

 

 「メッセージ」*1を観てきた.結末まで話すので注意.

 

設定

 舞台はアメリカ.主人公は言語学者の女性*2である.劇中しばしば,彼女の娘の映像がフラッシュバックする.

 ある日突然,地球上の12ヶ所に宇宙船が出現する.多くの人々が不安に陥り,暴動が発生した地域もあった.

 宇宙人(Heptapod=7つ脚,以下へぷた.)が現れた目的を探るためにアメリカ軍*3によって駆り出された主人公は,へぷたの言語の解読を試みる.

 ちなみに物理学者の男性*4も軍に徴用され,彼女に協力する.

 

 

物語の3つのテーマ

 以上の設定のもと,物語は,次の3つのテーマを軸として進行していく:

① へぷたの言語を解読できるのだろうか?そしてへぷたはなぜ地球に?*5

② 各国軍のへぷたへの攻撃を,主人公は防げるのか?

③ 主人公の娘が,宇宙人とのコンタクトにどのように関係しているのか?

 というわけで1つずつ見ていこう.

 

 

①へぷたの言語は解読できるか?へぷたはなぜ地球に? 

 主人公たちは,「指差し」によって,名詞,動詞など,へぷたの語彙を増やしていく.具体的な方法が劇中で示されることはないが,,主人公はへぷたの文字*6表意文字であることを知る.

 

 

 仮にへぷたが,人間にとっての言語に相当するものを持っていたとして,へぷたの言語は,人間にとっては未知の言語である.しかしへぷたの言語を知る方法は,人間の道の言語を知る方法と,基本的には一緒である*7

 簡単なのは,指差しできる名詞である.例えば🍎←これをへぷたがなんと呼ぶかを知りたいとする.君が日本人なら🍎を指差して「りんご」と発音すればいい.あるいは文字で「りんご」「リンゴ」「林檎」などと書けばいい.そして身振り手振りで,へぷたにも同じことをするように要求するのだ*8そうするとへぷたも「ブオワベーブブブ」などと発音したり,「●◯⭐︎□」などと書いたりしてくれるかも知れない.

 こうして,🍎↔︎「ブオワベーブブブ」という音声の対応関係,🍎↔︎●◯⭐︎□という文字記号の対応関係を知ることができたら,次に知りたいのは,音声「ブオワベーブブブ」と記号●◯⭐︎□との対応の仕方である.つまりへぷたの言語が「表意文字」と「表音文字」のうちどちらなのかということを知りたい.もしへぷたの文字が「表音文字」ならば,ひらがな・カタカナやアルファベットのように,知らない単語であっても,書かれていさえすれば読み方がわかる*9.もしへぷたの文字が「表意文字」ならば,書かれた文字を見るだけでは発音することができない.文字ごとに読み方を学ばねばならない.

 表音文字は,アルファベットが26文字,ひらがなが「五十音」と言われるように,学ぶ必要のある文字が有限個であるという利便性がある.有限個の文字を組み合わせればどんな単語・文でも構成できる.対して表意文字は意味の数だけ文字があるので学習の際は面倒かもしれない(が,読むときには楽かもしれない).

 さてへぷたの言語が表音文字であるなら,異なる二つの単語に同じ発音が含まれているとき,同じ音に同じ文字が対応しているかどうかを調べればいい(ただしアルファベットが表音文字であるといっても,フランス語なら比較的音と文字との一対一対応が完成されているが,英語の場合は異なる文字でも同じ発音をしたりする.ひらがなでもそうだ.厳密には異なる発音を,同じ文字で表記することがある.).もしも表意文字なら,同じ発音でも文字が異なるだろう.

 

 

 どうやって見つけたのかわからないが,1つ重要な発見がある.それは「へぷたの言語には時制がない」ということだ.別のシーンでは「言語は思考の方法やものの見方に影響する」という「サピア=ウォーフ仮説」*10が会話の話題にのぼる.へぷたの言語が無時制であることと,サピア=ウォーフ仮説とは,別々のシーンで提示されるが,2つを関連づけることが,この物語を理解するヒントとなる.

 

 さて主人公が軍によって駆り出されたそもそもの理由は,「へぷたがなぜ地球に来たか?」を確かめることであった.ある程度へぷたの語彙を学んだ段階で,主人公は"Why are you here on Earth?"と問いかける.するとへぷたによる答えは"Offer a weapon."であった."weapon"とは?武器?道具?

 

 

② 各国軍のへぷたへの攻撃を,主人公は防げるのか?

 へぷたが現れたのは,地球上でアメリカだけではない.中国やロシアなど全部で12ヶ所だ.各国は(ある程度)情報共有をしながら並行してへぷたの目的を探っていた.

 「へぷたが人類に"weapon"を提供するために現れた」ということは,アメリカから各国に情報提供されたのか,アメリカとは独立に発見されたのかは忘れてしまったが,中国やロシアも"weapon"のことを知る.そして中国は(なぜか)宇宙船に対して「立ち去らねば攻撃する」とへぷたに宣戦布告する.もし中国が宇宙船を攻撃した場合,かつ全ての宇宙船が連絡を取り合って地球人が敵であるとの共通見解に至った場合,中国のみならずアメリカも反撃を受ける可能性があるので,アメリカも止むを得ず戦闘態勢に入る.

 

 ここで中国が宣戦布告した理由はよくわからない.もしもへぷたが武器をくれるというとき,自分が受け取らないで他の国が受け取ったなら他の国よりも自分の国が弱くなるので,それを避けるには武器を受け取らざるを得ない.しかし他の国も同様に考えた場合12カ国が全て武器を受け取ることになる.ハリセン程度の武器なら全ての国が受け取ったところで問題は生じないが,武器が核兵器を超えるような大量破壊兵器であった場合,その武器で戦争が開始したならば,地球上の平和にとっては大打撃だろう.その大打撃の根源は全ての国が武器を受け取ることであるから,「武器を受け取るのが自分の国だけで,武器を抑止力的に保持する」ことができない(他の国に武器を受け取らないよう強制することができない)以上は,全ての国が武器を受け取らないことを互いに約束するしかない.しかし中国がやろうとしたことはへぷたを攻撃することである(安易に攻撃するのも問題だろう.へぷたが武器を持参していたとしたら,攻撃によってその武器が破壊され,影響をもたらすかもしれないのだから).もし仮に攻撃によってへぷたが保持している武器を破壊したとしても,自国の武器だけを破壊したのなら,他の国が武器を受け取って自国が不利になるかもしれないから,他の国の宇宙船も破壊しなければならない.しかしそれは他国への武力的な干渉を意味するから,結局戦争になってしまう.ということは,自国が武器を受け取らないなら,宇宙船を攻撃するにせよしないにせよ,どちらの場合も他国に連絡して,他国にも足並みを揃えてもらわねばならないはずなのだ. 

 

 主人公はへぷたが人類にとってどちらかといえば友好的であると思っている.その根拠の1つは,へぷたが大量によこしたデータの密度*11が1/12であったことだ.この1/12という数字は,宇宙船の出現した国の数に一致しているから,主人公は「12カ国が強力しないと,大量によこしたデータを解読できない」と判断したのだ.

 そこで主人公は"weapon"の意味をはっきりさせ,12カ国の協力を促すべく,へぷたとの最後の接触に臨む.するとへぷたが地球にやって来たのは「3,000年後に人類の助けが必要となるから」だという.主人公はへぷたには未来を見る能力があることを知る.そしてその未来を見る能力こそ,へぷたの言語には時制がないということと関連していたのだ*12武器とはへぷたの言語であり,へぷたの言語を学ぶことによって未来を見る能力が得られるというのだ.そしてへぷたの言語を学んでいた主人公も,未来を見る能力を少しずつ開花させていく.

 主人公は,言語を習得した未来を見ることによって,現在で言語を習得する.各国のへぷたへの攻撃を防いだ未来で各国首脳との晩餐会に参加して知った中国軍トップの携帯電話番号を使って中国軍トップに電話しへぷたへの攻撃を防ぐ(本作は父親殺しのパラドックスが生じることを恐れていないかのようだ).

 

③ 主人公の娘と,宇宙人とのコンタクトとの関係は?

 さて,劇中冒頭で,主人公の娘の誕生から死までが提示される.また劇中でも度々主人公の娘が登場する.これはあたかも過去の「フラッシュバック」のようで観客のミスリードを誘うのだが,実はこれらは,未来を見る能力によって主人公が見た未来だったのだ.主人公は娘が死ぬこと,破局が待っていることを知りながらなお,同僚の物理学者と結婚し,娘を産む.

 「未来が予知できても選択を変えないか?」という問いが主人公の口から発せられる.しかし「予知した未来を変えるため選択を変えた結果の未来こそ本当に予知される未来のはずだ」と思うのだがどうだろう。「選択を変えることで未来が変化する」ということは、初めの予知は現状という原因から予測される結果の予測のはずである。けれど因果関係には変化も折り込み済み、というより、変化などないのでは。うーむ.

 

 

 

ふと思ったこと:

 宇宙人と遭遇したら?というifを論ずるとき、言語を解読し、どのような数学を使っているか確認することは、自明視されるように思う。特に宇宙人が「高度な技術」を使って地球にやってきた場合には、数学の使用は必ず確認したいだろう。そこには「科学技術の発展には数学が不可欠」という前提がある。

 「宇宙人」は「地球外生命体」よりも狭く、強いカテゴリである。地球外で発見されたり、それまで地球にいなかったのに突然出現した生物らしきもの(生命の定義はさておき)は、即「地球外生命体」と認定はされども、「宇宙人」と認定されるとも限らない。

 見た目が人間にそっくりでも、「知的」でなければ、宇宙人と認定されないかも知れない。一方見た目がタコとかメタモンでも、「知的」であるならば、宇宙人と認定され得る。「宇宙人」というと人間との身体的類似(二足歩行など)が含意されそうに思うが、我々が本当に見つけたいのは「知的生命体」だ。

 では「知的生命体」の基準、少し弱めて指標や目安、の項目として何が適切であろうか。たとえば言語(だと我々が認めるもの)や数学(だと我々が認めるもの)は、項目として必須であろうか。あるいは、言語と数学、どちらのほうが、知的生命体が知的たる所以として、不可欠であろうか。

 歴史を振り返れば、なんとなく、数学の進歩に対し、言語が先行しているように思われる。であるから数学がなくとも、言語を使用していれば、その生命体は知的であると判断されるかも知れない。しかしここで、言語にも発展の過程があることを思い出そう。文字だって、発明されたのである。

 ということは、我々の遭遇した生命体は、数学を使用していなくても、まだ発展途上かも知れない。言語を使用していなくとも、発展途上かも知れない。だから、生命体が知的であるかどうかを判定したければ「現に言語や数学を使用しているかどうか」でなく「言語や数学の使用の可能性」を見ることになる。

 「言語や数学の進歩の可能性」を確かめるにあたっては、身体の構造と、環境の両方を考慮する。「適切な環境が与えられたなら」(つまり言語の進歩を促進するとか、阻害しないとか)の環境を与える。そうすると、身体の構造が、言語を持ち得るかということが確かめられるだろう*13

 ところで「知的」というのはとても人間尺度だとは思わないかね。犬からしたら、人間は馬鹿に思えるとか、そういうことはないかね。人間は犬になれないし、犬そのものを人間は体験できないから、「犬が何かを馬鹿だと思う」という想像も人間基準なのだけれども。

 

 

 

 

*1:「メッセージ」(2016年,アメリカ)原題:Arrival 監督:Denis Villeneuve 主演:Amy Adams 原作:"A Story of Your Life" by Ted Chang

*2:彼女を演じるのがAmy Adams.

*3:軍の大佐を演ずるのはForest Whitaker

*4:彼を演ずるはJeremy Renner.

*5:Youは何しに日本に?

*6:昨日「メッセージ」の宇宙人の文字を見て,「円相」みたいだなと思った. 今日映画ドットコムの記事を見たら,ヴィルヌーヴ監督は実際に円相を参考にしたという.「メッセージ」の円形文字はどこまでリアル?言語のプロに聞いてみた! : 映画ニュース - 映画.com

*7:ただしへぷたが声を出す仕組みは人間と異なるので,へぷたの言語を人間が発生したり,その逆をしたりすることが難しい,というコミュニケーション上の障壁はある.

*8:身振り手振りといったボディランゲージすらも共有できなければ,言語の翻訳は一層困難になるだろう.例えば異星人が完全な球体なら?(そんな生物が捕食などできるのか疑問だが)

*9:日本語ならほぼ必ずわかるが,英語だと例えばenoughとかknightとかpsychoは初学者にとって難敵である.

*10:言語相対性理論 〜サピア=ウォーフの仮説〜

*11:書き込むことのできる文字数のうち,実際に書き込んであった文字数みたいなもの

*12:アインシュタインの「全てが同時に起こらないよう,時間がある」という旨を述べたらしいことを思い出す.

*13:現代の我々なら、実験をするとなると、相手が「知的」であるかどうか分からないならなおさら、倫理的問題がつきまとうから、我々は彼彼女らに介入せず観察するに留まることになる(大航海時代とか、帝国主義時代の人々なら、実験したかどうか知らないが)

5/8-5/14

 みなさんこんばんは.さっきまで「こんばんは」で通用する時刻だったはずなのですが,もうそろそろ「おはよう」のほうが相応しい時間帯になりつつある.熱中するわけでもなく,退屈するわけでもなく,最近時間がでろんと流れていくようになった.

 平均気温が高くなってきたせいか,体温が保たれるようになって,少し体調がいい.

「溜め込んで味わう」のは自分の元来のやり方で,仮に成し遂げたことは同じだとしても,我慢の分だけ報酬も大きくなる.というわけで今週1週間分*1をまとめて振り返る.毎日コツコツ?

 月曜日のとある授業の課題として亀田達也『モラルの起源』(岩波新書)を読んでいた.読んだら要約せねばならない.けれど元来*2自分はインプットとアウトプットを同時にするのが苦手なようで,うまく読めている間は書けない.書こうとすると,読めていたことが分からなくなる.本のことを視界から外して,宙で書こうとすると納得いくものが書けたりするのだが,ここで納得とは自分なりに整合性を取るということであって,ゆえに本の内容そのものにはなっていなかったりする.

 元来inとoutの並行が苦手であったのみならず,加えて最近は文章を読むことがなぜかできていなかった(というよりも作業一般への集中が困難であった)のだが,少しずつ回復しつつあるようだ.けれども,文章を読むのが苦手であったのは,どうやら論理性等を追求していた代償らしいと思っており,文章に熱中できたならば逆に論理性等に劣る気もする.

 火曜日のとある授業は心の哲学にかんする書籍を扱っていて,今回は自分が,無意識にかんする章を発表する担当回であった.いわゆる無意識下にあるものが意識に上るという,無意識と意識との接続に,不思議をおぼえる.

 駒場公園内の「BUNDAN」を気に入っている.

 別の授業で知ったのは,「ベクション」という言葉*3だったのだが,これは専門の用語で「視覚誘導性自己運動感覚」*4という.例えば自分の乗った新幹線がホームで停車しているとき,発車したのは隣の新幹線なのに,自分のほうが発車したのだと錯覚することがある.どうやら「自分は運動している」という認識に寄与しているのは,視覚のみではないらしい.一方で力学的に定義される運動,つまり座標系における位置の時間変化は,いわば視覚的である.地面に対して運動しているのは自分の新幹線ではなく隣の新幹線であっても,自分の新幹線のほうに固定した座標系に対しては,隣の新幹線は運動している.ただし,どうも自然な「運動している」という認識には,地表が基準として果たす役割がどうも大きいようなのだけれど.この「ベクション」は,「(理想的な環境下で)等速直線運動する物体は,自分が運動していることを認識できないであろう」などの,どこぞの科学者による(とされる)思考実験に着想を与えたという事実があったかどうかは分からないけれども,力学を教育するにあたっての材料にはなるのではないかと思う.

 ところで「ベクション」というラベルを知る前は「自分の乗った新幹線がホームで停車しているとき,発車したのは隣の新幹線なのに,自分のほうが発車したのだと錯覚することがある」という文章的な説明をしていた.けれどもベクションという現象において人間の得る感覚は瞬間的であるから,現象に対応させる言葉も,同じくらい短いほうが伝わりやすいと思う.その点,そういう短い単語が既存であり,すでに共同体内で使用されているというのは,便利であると思う.また,体験と名前とを密接に対応づけておくと,体験のほうを忘れてしまったり,体験が現前していないのでどういうものであったか語るのが困難であったとしても,名前が記憶のなかから体験を呼び起こしてくれる.名前は,それと対応づけられた物事にかんする検索性を高める.そういう名前の効果,言語のご利益があるのではないだろうか?

 水曜日には倫理の授業があった.ここで遭遇した困難が2つあった.1つ目はKuhnの言葉を用いれば通約不可能性みたいなもので,2つ目は議論のこと.1つ目についてはここでは語らない.2つ目に関して言うと,議論においては議題が設定されるのに,議論の参加者が議題について語ろうとはせずに,自分の思いついたことについて述べ自己アピールをしているだけで,司会者たる教師も議論をコントロールしない,という状況に苛立っていた.

 必修のとある授業から遠ざかってしまって,困っている.

 木曜日には,上野→神保町→飯田橋秋葉原と歩いた.少しは今の所属に溶け込もうと,作業のバイトに応募した.クラフトビールを飲んでいた.

 金曜日には夕食を作ったり,テレビを観るなどした(と書くと普通だがあえて書くような印象的な体験であったということだ).

 土曜日.知人の髪を切った.

 内井惣七『空間の謎・時間の謎』(中公新書)を読んでいる.ざっと読んだ後細かく詰めよう.本を読むことへの心理的抵抗が低まりつつあるのは悪くないと思う.

 アウグスティヌスは「時間という言葉を使っている間は時間とは何か知っているが,時間とは何かと問われると時間とは何か分からなくなる」という趣旨の発言*5を残したというが,多くの言葉に該当することであると思った.

 記憶.後からある時間帯を振り返ってみると経験していないことだと判断できる(記憶によって?整合性によって?)のに,その時間帯にはあたかもそれを経験しているかのように自覚していることがある.振り返ってみて「それをやったと思っていたけれど,やっていないぞ?やっていないのに,どうしてやったつもりの記憶があるんだ?」

 

*1:自分の1週間は月曜日から始まる

*2:この元来という言葉はまだ自分にとって曖昧で,だから使っている.先天とか,後天とかを使い始めると,厳密に区分する作業に疲れてしまうから,曖昧な言葉を使うに留めておくのだ.

*3:英語ではvectionと書く.vectorとは関係があるのだろうか.vectorの由来はラテン語で,意味は「運ぶもの」らしい.vectorは運動に関係があるし,vectionも同じであるから,関連性はあるのかも知れない.

*4:視覚誘導性自己運動感覚 - Wikipedia

*5:『空間の謎・時間の謎』の内容ではない.

一方通行

一方通行

例えば心理や思考の言語表現。実際の自分の心理や思考が一瞬で行われるのに,言語表現はそれに比較すると随分と読むのに時間がかかる。実物にかかる時間と,表現を読むのにかかる時間に乖離のあるときに,自分は文章がよくわからないと思うことがある(のかもしれない)。

小説の緻密な描写。人間の服装や表情,外界からの状況を見て行われた判断が,言葉を尽くして説明される。 自分が一目一瞬で判断することが,1ページにも渡って書いてあると,自分は疲れ,「この本は本題に入らない」と読むのをやめてしまう。

ツッコミどころの多いと想像される文章。ざっと読む。じっくり読んだなら絶望してしまう。すると少しだけ言わんとすることがわかる。

筆者が言いたいことは1つだけであるのだが,その1つを説明するのに,丁寧に段階を踏む文章。ざっと読む。きっと筆者は,まず1つのことが言いたいと思い,次に大まかな構成を思い浮かべて,その次にようやく具体的な文章を書き始めて,少しずつ補強していったのだろう。自分も同じ思考を辿る。

 

自分は言いたいことを言う。書く。けれど聞いてもよく分からない。読んでもよく分からない。