読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WORDS

-それ以外に抽象しようのない-

一方通行

一方通行 例えば心理や思考の言語表現。実際の自分の心理や思考が一瞬で行われるのに,言語表現はそれに比較すると随分と読むのに時間がかかる。実物にかかる時間と,表現を読むのにかかる時間に乖離のあるときに,自分は文章がよくわからないと思うことがあ…

所在なさ

所在なさ 僕のやることはどれも同じテーブルの上に並べられている。 家事に,課題に,予定や計画に,人付き合いに。 それぞれは内部に構造を持っていなくて, 僕はどこにも入り込むことができない。 僕は1つに手をつけてはまた次へと, テーブルの上をぴょ…

「理解」について(暫定)

これから「理解」について記すことは,少なくとも現段階で科学的ではない。あくまで生活の中で自分自身についての内省から得た気づきを言語化したものである。また仮に,「理解」の科学的な理解を試みたいにしても,どの物質あるいはどの身体(主に脳(神経))…

宮澤賢治『春と修羅』序文(メモ書き程度)

宮澤賢治『春と修羅』 序文(メモ書き程度) 宮澤賢治*1の『春と修羅』序文を読んで,「彼は,自然科学というものに触れて,『正しさ』の普遍性や相対性というものについて思い悩んんだのではないか」などと想像する。なぜならかつての自分の悩みに対応する…

部分と全体

全体と部分 ① (大きさを持つもの)全体をだんだんと分割していく。「だんだん」というのはつまり、最初に全体を、例えば1/2に等分する。次に2個の1/2のそれぞれを1/2に、という具合。n回の操作ののち、全体は1/2のn乗個に分割されている。 このnを限りなく大…

映画「夜は短し歩けよ乙女」

映画「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦原作『夜は短し歩けよ乙女』映画版を観てきた。今日からの公開である。監督は湯浅政彦という人で,湯浅は同作者の『四畳半神話大系』も2010年にアニメ化している。

砂漠のトカゲ

砂漠のトカゲ あらゆる言葉を言葉で定義しようという試みは,砂漠で地面の暑さに耐えかねて手足を上げ下げするトカゲのようではないか,などと思った。

無題

久しぶりに授業に参加したけれど、発言するときに、見栄というか、負けたくないという気持ちが湧いてきた。あるいは、間違えることが恥ずかしいというような気持ち。一方で真剣味もある。 これは学問するときにつねに伴う感情なのだろうか。動機なのだろうか…

家族的類似と心理アンケート

家族的類似と心理アンケート ヴィトゲンシュタインの言う家族的類似というものが,例えば「メンタルヘルスであるかどうか」を診断するチェックシートの例によって理解しやすいと思ったので書いておく。

「科学」をやっていたら科学者と呼べるか?

「科学」をやっていたら科学者と呼べるか? ある人を科学者と呼べるかどうかを判断するさいにはその人が従事し用いている方法論が現代の基準に照らして「科学的」であるかどうかを主に論ずるけれども,「科学」概念の変遷はあるし(例えば現代的には科学でな…

自分の世界認識の整理:「私」

自分の世界認識の整理:「私」 以下で記すのは、自分が自分や世界について考えたことを「雑な抽象化」のもとで、なるたけ短くまとめようとした結果。

「私」

「私」 脳の仕組みについてはほとんど知識がない。図鑑で解剖図のようなものを眺めた程度で、「認知脳科学」とか「脳神経科学」といった分野の講義の単位を取ったことも、教科書を熟読したこともない。 そのように、現代の最先端の知識を持っていない自分が…

「言葉にする」

「言葉にする」 我々はしばしば,苦しみや悲しみに遭遇したとき,なぜどのように困難に陥ったのか,困難はどのようなものであるか,困難からどのように脱すれば良いかをしばしば考える。そして往往にして「考える」ということには「言葉にする」「言語を用い…

Newton力学 Column0:inspirationのはなし(発見/発明と,理解・洞察・霊感)

Newton力学のはなし Column0:inspirationのはなし(発見/発明と,理解・洞察・霊感) barrynoether.hatenablog.com barrynoether.hatenablog.com 以下では,私の経験を他者も経験し得るものだという仮定に基づいて記述していることに注意されたし。 ***…

Newton力学のはなし 0.歴史

Newton力学のはなし 0.歴史 barrynoether.hatenablog.com 以下,私が用いる「Newton力学」とは,大学の理系学部で1年生の履修する「力学」に相当するものであるとします。 Newton力学の原型となったのは,Isaac Newton(英,1642-1727)*1が1687年に刊行した"Ph…

Newton力学のはなし はじめに+目次

Newton力学のはなしはじめに+目次 はじめに Newton力学にかんする自分の知識・思索を整理・記録・保存するために,このブログを使います。ノートに草稿やアイデアを走り書きしておき,ブログで清書するというやり方です。

いくつかの映像作品を観て

いくつかの映像作品を観て 1 現在,映画「最後の追跡」(原題:Hell or High Water)を鑑賞中です。批評家から大変評価され,先月のアカデミー賞でも作品賞を含む4部門にノミネートされた作品のようですが,なぜか日本では劇場公開されませんでした。どういっ…

無題

無題 目が捉えているものごとを描写する。頭の中で行われている操作を描写する。言語を「描写するもの」として*1使っているとき,自分の願うことは「自分の描写を読んだ人が,描写を行なっている自分と同じ体験を再現してくれる」であろうこと。 *1:言語とい…

合成語の単位化

合成語の単位化 (英語で「夫妻」ってなんていうんだろう。記憶にない)そう思ってGoogle先生に聞いてみたら"couple"と出てきた。先生を信用して,「夫妻」という概念の表現としては"couple"の使用頻度が最も高いということにしよう。 ここで不思議に思った…

この数日のこと

この数日のこと 父親の学歴主義のもと末の妹は実力不相応な高校を受けさせられて不合格だったうえ、浪人が決定した。 僕の地元の高校に合格するのに必要な知識に、15-16歳という「同年齢であるかどうか」によって文化や人間関係における親密度の大きく異なっ…

僕の日記は続かない

僕の日記は続かない 日記。毎日書く日記。 このブログを日記の代わりに使おうとしたことがあったけれど,長続きしなかった。 無地のノート*1も持っていて,毎日起こったことを記録する試みをしたことも数回あった。けれどたいてい「2日間分をまとめて書く」…

偏見と帰納(BBC子供乱入事件をきっかけにして)※書きかけ(?)

偏見と帰納(BBC子供乱入事件をきっかけにして) 私はいわゆる「差別」とか「偏見」というものの仕組みを、帰納的推論(インダクション,induction)*1を用いて整理できないかと思っている。 偏見の3段プロセス プロセス(1) 学習と想起 過去の経験によれば…

デミアン・チャゼル監督「セッション」「ラ・ラ・ランド」

デミアン・チャゼル監督「セッション」「ラ・ラ・ランド」 3月に入ってからデミアン・チャゼル*1(米,1985-)監督の2作品を鑑賞しました。 「セッション」*2(2014,原題:Whiplash) 「ラ・ラ・ランド」*3(2016,原題:La La Land) の2つです。 「セッシ…

「役に立つ学問」※後半はメモ書き

「役に立つ学問」※後半はメモ書き 金曜日、とある駒場のカフェを訪れました。カフェの四方を囲む壁のうち1つは天井まである書棚で覆われていて,その書棚には小説や漫画,雑誌など様々な種類の書籍が置いてあります。たまたま自分はその書棚際に席を取ったと…

映画を観るときに気をつけること(気をつけているようではいけないこと)

映画を観るときに気をつけること(気をつけているようではいけないこと) あらゆる映画を観尽くすにはお金も時間も足りません。限られた時間とお金を使って映画鑑賞の体験をより素晴らしいものにするため*1に私は、映画作品の受賞歴や、他者による評価、予告…

Dr.Strange

Dr.Strange 「ドクター・ストレンジ」を鑑賞してきました。セリフに洒落が効いていて,フラクタル図形の使用など視覚的・映像的な楽しさもあります。光の反射・屈折など物理法則を表現するのにCG班時間が使われたであろうと想像されます。 主人公がチベット…

配慮

配慮 我々がしだいに他者への気配りのできる優しい人間になるにつれて,我々の注意の方向は「我々自身の欲求や気分,興味関心が何に向いているか」から「他者の欲求や気分,興味関心が何に向いているか」へと逸れていく。我々は他者に配慮ができるマメな人間…

不幸せの主客

不幸せの主客 もし仮に僕が「自分は不幸せに生まれついて,現状人生の身動きが取れないでいる」と発言したとしたら,聞き手や読み手はどのように応答するだろうか。同情や共感ではなく,自分を幸せに仕向けようとする説得しようとする応答として,僕は少なく…

慣性系とは

慣性系とは 運動方程式によると,力の関数形を決定するためには加速度の測定を行えばよい。定義から,加速度の測定には座標系の設定が必要である。ところでなんらかの種類の力を測定したとき,その測定に用いた座標系が「何か」に対して運動をしていないとい…

映画「アイズ・ワイド・シャット」

映画「アイズ・ワイド・シャット」 要旨 主人公は自らの性的な欲望を妻に隠す。しかし妻は自らの欲望を夫に告白する。主人公は妻の貞節について不安を抱くと同時に,自らの欲望に向き合いながらクリスマス直前のNYを彷徨い,一晩の危険な冒険をする。彼の欲…

「話が合う」

話が合う 昨晩、以前一緒に仕事をした人にお店を教えてもらって、夕食を共にした。 はるばる西のほうからやってきたハト(といっても、ポッポが飛んできたのは自力によってではなく、おそらく凍結した遺体としてなのだが)をナイフとフォークでつつきながら、…

映画「五日物語-3つの王国と3人の女-」

映画「五日物語-3つの王国と3人の女-」 マッテオ・ガローネ監督「五日物語」を観てきた。 原作は17世紀イタリアの民話集「ペンタメローネ」である。「ペンタメローネ」は通称で,原作者がつけたタイトルは『物語の中の物語』だそうだ。このタイトルの由来は…

無視して無私

無視して無私 求不得苦を感じたなら、欲しいものの価値を認めなければいい。欲しくないものなら、得られなくとも苦しくはないからだ。 もしも誰かに要求をして断られることを恐れるならば、そのような望みを捨ててしまえばいい。そうすれば君は決して誰かに…

ミステリ,理解の説明,思索と生計

ミステリ,理解の説明,思索と生計 TOHOシネマズみゆき座にて,「ガール・オン・ザ・トレイン」を観た。 三四郎池の紅葉を見たばかりだったのだが、オフィス街に植わった樹々の枝を飾るのは葉ではなく人工の電飾らしい。丸の内がクリスマスを迎える準備は既…

思索の雫

思索の雫 何かを言葉にすることは、蛇口から水滴がしたたることに似ている。水は一瞬のうちには蓄積されず、口から漏れ出るには時間を要する。水が蓄積される速度や蛇口の径長に依存して、粒の大きさや、1つの落下から次の落下までの時間間隔が決まる。これ…

引用SF

引用SF 「ある著者の任意の作文すべてが,その著者の思想である」とは限らない。したがって「著者の思想である」として引用した文章がその著者の思想ではなかった場合,その引用は著者に対する誤った理解・イメージを広げることになりかねない。その事態を防…

キューブリックは真顔で冗談めかす

キューブリックは真顔で冗談めかす 何度目かの「シャイニング」鑑賞。演出や雰囲気から一貫してホラーとして作ってあるし,「最高のホラー映画ランキング」常連だが,あたかも「真顔で冗談を言う」かのような,笑いどころ(?)の設け方がしてある。 例えば…

空転

空転 『12人のカウンセラーが贈る12の物語』という書籍を偶然手にする機会があって,その第6章の中に,印象に残る文句があった。 「外の世界とはそぐわないものを心の内側にもっており,それを表しても人とかみ合うはずがないと強く思っているのですね。内に…

シンプル

シンプル ファッションの流行とITの流行とがリンクして見える。 ファッションの流行とはつまりスタンドカラーシャツやMA-1,足首の見える丈短で細身のボトムスなどの流行*1。 ITの流行とはつまりAppleによるiPhoneやMacBookとそれらの宣伝・広告媒体の単純さ…

詩人の仕事の未完成

詩人の仕事の未完成 アンリ・ポアンカレは著書『科学と方法』の中でこう語っている。 數學とは、異なった事柄に同一の名稱を與える技術であると、わたくしは何處かに於てかすでに語ったかのように思う。*1 意訳すると「数学とは異なる事柄に同じ名前を与える…

「評価」という言葉にまつわる思い出と,連想

「評価」という言葉にまつわる思い出と,連想 数学の予備校講師が関数の大小を比較する際に「評価」という言葉を使うのを初めて耳にした時の,違和感や不思議さを覚えている。数学における用法の場合,確かに熟語を分解してみれば「値」を「評」しているよう…

表現を通じて観察すること,観察してから表現すること

表現を通じて観察すること,観察してから表現すること 考えてから書く人がいれば,書くために考える人もいる。 僕はだいたいのことに興味がないけれど,絵画や映画,物理学にも一時期執着した。 絵画や文章は,何らかの意味内容を伝えている(ということにし…

性について語ること

性について語ること 例えば性について、その欲望を持っている人間がまるで「そんなもの持っていませんよ」とでもいうかのように振舞いながら欲望を達成することは嫌で、公に語ることへの寛容さが欲しいと思うけれど、かといって下卑た扱われ方はして欲しくな…

語の響きの,意味への影響

語の響きの,意味への影響 たとえばelegantという単語の響き、いかにもelegantっぽい。これがgmchaskaだったら全然elegantっぽくない。このように,ある語の「使用感」つまりここではその語を用いた際の響きがもたらす感覚が、語の意味の決定に影響すること…

高校生的確信,老人的懐疑

高校生的確信,老人的懐疑 自分に道理があることに嫌気がさし、成功疑いないことをやることや、法式の有効確実性に嫌気がさしたら、他を試みること*1。 - ポール・ヴァレリー*2 女子高生・男子高生の,特に集団を見ていると、人も,物も,世界を評価する基準…

映画「SHAME-シェイム-」

SHAME-シェイム- 原題:Shame 2011年 イギリス(言語:英語) 101分 監督:スティーヴ・マックウィーン Steeve McQueen 主演:マイケル・ファスベンダー Michel Fassbender 共演:キャリー・マリガン Carey Mulligan ほか _________________________________…

強迫

強迫 「僕の言語はそれを使って語りたいものそれ自体ではない」ということがいつでも障壁になっていて,だからなるたけ言語の中だけで構築された言語はほっとできるだろうなと思う。例えばこの文章は自分にとって他の仕方で表現する余地がほとんどない。 日…

映画「her/世界でひとつの彼女」

her/世界でひとつの彼女 原題:her*1 2013年 アメリカ(言語:英語) 126分 監督:スパイク・ジョーンズ Spike Jonze 主演:ホアキン・フェニックス Juaquin Phoenix 共演:スカーレット・ヨハンソン Scarlett Johanson エイミー・アダムス Amy Adams ルーニ…

ある事柄についての「理解」の再現困難

ある事柄についての「理解」の再現困難 一つの思想の真の生命は,思想がまさに言葉になろうとする地点に達するまで持続するにすぎない。その地点で思想は石と化し,その後は生命を失う。だが化石した太古の動植物のようにその思想は荒廃を免れる。我々は思想…

物理学について私が考え伝えたいこと

高校生を相手にしたアルバイト用に作成した資料より抜粋。3日間程度で作成。文章の丁寧さに欠け,また章・節番号の振り方を検討する必要がある。 2.1 「数学的論証」と「実験的検証」の二本柱 私は「数学的論証」と「実験的検証」とが,物理学を支える二本柱…