宮澤賢治『春と修羅』序文(メモ書き程度)

宮澤賢治『春と修羅』 序文(メモ書き程度) 宮澤賢治*1の『春と修羅』序文を読んで,「彼は,自然科学というものに触れて,『正しさ』の普遍性や相対性というものについて思い悩んんだのではないか」などと想像する。なぜならかつての自分の悩みに対応する…

無題

無題 目が捉えているものごとを描写する。頭の中で行われている操作を描写する。言語を「描写するもの」として*1使っているとき,自分の願うことは「自分の描写を読んだ人が,描写を行なっている自分と同じ体験を再現してくれる」であろうこと。 *1:言語とい…