読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WORDS

-それ以外に抽象しようのない-

無題

文筆 知的態度 言語

無題 

 

 目が捉えているものごとを描写する。頭の中で行われている操作を描写する。言語を「描写するもの」として*1使っているとき,自分の願うことは「自分の描写を読んだ人が,描写を行なっている自分と同じ体験を再現してくれる」であろうこと。

 

 そして「この願いは,自分だけが抱くものではない」ということを仮定したい。

 

 もしもそういう願いの込められた描写を見聞きした人が「それって、こういうことなの?」と,解釈を述べたとしよう。もしもその人が,描写を見聞きして行なったことが解釈を述べることだけだったとしたら,描写した人の意図に反するかもしれない。描写した人の願いは,体験の共有だから。

 描写を見聞きした人が,描写した人と同じ体験の再現の試みをしたうえで解釈を述べたのだとしたら,それは「許容範囲」かもしれない。というのも,ある描写を解釈した表現は元々の描写の表現とは異なるが,あるイメージを喚起する語句は人に依って(同言語内であればしばしば微妙に,異言語間であれば大きく)異なるから,元々の描写の表現とその解釈の表現が異なっていたとして,それぞれの表現者に喚起されるイメージは同じものであるかも知れないからだ。

 

 もしも解釈を述べる人のやっていることが、その人に適した語句表現を通じて書き手と同じ体験を再現することではなく、「英語を日本語に直訳するようなこと」すなわち「翻訳すること」だけであったのなら、それは書き手読み手の意図に反するということになるかも知れない。

 

 しかし書き手が「読み手は自分と同じ体験をせよ」と願うのも独り勝手であるかも知れない。その理由を2つ述べる。

 第一に,先に述べた通り,同じイメージであっても,それを喚起する語句には個人によって微妙な,しばしば大きな,差があるからだ。ということは,同じ語句であっても,そこから喚起されるイメージには微妙な,しばしば大きな,差があるからだ。

 第二に,読み手に対してそのように願うことはしばしば,「未経験のものごとを言語を通じて再現せよ」と願うことに等しいことがあるからだ。膾炙した表現を用いれば「百聞は一見にしかず」となるが,未体験のことがらについてはしばしば,言語のみによって学ぶことは困難である*2

 

 「読み手の未体験のものごとは,書いても仕方がない」と思う一方で,読み手が経験済みでよく理解しているものごとも、言葉を通じ改めてそれに読ませることの意義が薄いのではないかと思うこともある*3

 ここまで私は体験というものを言語という記号とはまったく独立に扱っていた。けれど「未経験のものごとは言語から再現できず、経験済みなら言語で伝えずともよい」と考えたとき「『読み,聞き,話し,言語で考える』という言語体験そのものが何か新鮮な体験であればよい。そのような体験をさせる描写を自分は行いたい」と思う。そういう結論を自分は導く。

 

*1:言語というものの機能や効用は,多分ほかにもあると思う

*2:その一方で人は言語から未体験の事柄について多くを理解したり,理解したつもりになったりする。これは不思議である。「つもりになる」ほうは真に学んだとは言えないが,ある種の言語は,その言語を扱うことそのものが体験である場合があると思う。

*3:ただし知っているそのものごとについて読書するのは,そのものごとを表現する言葉の学習である場合がある。また単にそのものごとについて「知っているつもり」になっているだけの場合もある。