その晩彼が久しぶりに外を走ったのは,自分自身の純粋な重さを確かめるためだった。誰かを抱えることもなく,また誰かを引きずることもなくなったとき,自分自身だけの重さを支えるのにちょうど必要な力がどれくらいのものなのか,確かめたかったのだ。