『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』

f:id:barrynoether:20180518143130j:plain

アメリカ合衆国フロリダ州、「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」の近辺。道路沿いには赤青緑のカラフルなモーテルが立ち並ぶ。

その1つ、紫色の「マジック・キャッスル」。このモーテルの323号室に、ある親子が長期滞在中だった。母親の名前はヘイリー。そして彼女の娘がムーニー。父親不在の母子家庭。2人だけでモーテルに「住んで」いる。法律上はモーテルに居住することはできない。支払いは1週間おきだが、遅れがちだ。ディズニーに近い「魔法の城」に住んでいながら、母親の収入では魔法の国を訪れることは叶わなかった。

※原題は単に"The Florida Project"であるが、劇中しばしばディズニーや魔法関連の描写が登場することもあってか、日本公開に際しては副題として「真夏の魔法」が付加されている。

母親ヘイリーは、最近までストリップバーのような風俗店で働いていた。だが性的な接客を要求され断ったところ、解雇された。現在は無職。

時々モーテルにやってくる食料配給や、真下の223号室に住む女友達が働くダイニングから分けてもらったドーナツで、食いつないでいる。

ドーナツをもらいに行くのは娘のムーニー。季節は夏休みで、授業がない。朝から晩まで、ヘイリーの女友達の息子スクーティと近隣で遊びまわっている。

f:id:barrynoether:20180518143727j:plain

ムーニーもスクーティも、問題児だ。

※2人がどれほど問題児であるかは筆舌に尽くしがたいので、実際に映画を鑑賞して欲しい。

「マジック・キャッスル」の隣にあるエメラルド・グリーンのモーテルで遊んで唾を飛ばす遊びをし、越してきたばかりの住民の車を汚す。住民の女性から母親共々怒られ、車の窓を掃除させられるも、開き直って反省しない。

それどころか、女性の孫娘ジャンシーを仲間に引き入れる。ムーニー、スクーティ、ジャンシーの3人は、モーテルの立ち入り禁止の部屋に入って停電騒ぎを起こす、物乞いのように通行人に金をせびってはソフトクリームを買うなど、散々付近を荒らし回った挙句、空き家で火遊びをし、火事を起こす。この空き家一帯が麻薬や売春の温床になっていたという声もある一方、スクーティの母親は、スクーティやムーニーが火事に関わっているのではないかと勘づき、スクーティを叱る。彼女はスクーティが悪い友達とつるまないよう、ムーニーとの接触を禁止。自身も、夜遊びの友達であったヘイリーとの関わりを断つ。

一方ヘイリーはムーニーが火事に関わっているなどとは気づかない。火事現場を背景にムーニーの写真を撮って楽しむ。

 

さて、家賃の支払いが滞っているが職が見つからないヘイリーは、ブランド物の香水の偽物を大量に購入。自宅付近のホテルの駐車場で、宿泊客に売りつけて稼ぐ。しかしホテル側と揉め、警察を呼ばれたので香水売りから足を洗う。

やがて彼女は自分の部屋に男を連れ込み、金を取って性行為をするようになる。だがムーニーは、売春中はお風呂で遊ばされているので、母親のしていることには気がつかない。

※実際には、ヘイリーが売春をしていることは、登場人物たちの言動から間接的に示唆されるのみである。この映画はこのように、「それとなく示唆する」作りをしているので、観客が自らストーリーを補完することが要求される。

こうして稼いでいたヘイリーだが、それでも宿泊費が足りず、スクーティの母親に謝罪して金を借りようとしたところ、拒否された挙句、売春の客を募集するためにネットに挙げた画像を見せつけられ、軽蔑される。激怒したヘイリーは彼女をボコボコに殴りつけ、決別。

殴られた彼女が通報したのか、やがて児童保護局と警察がヘイリーの元を訪れ、ムーニーを保護し別の家庭に移そうとする。するとムーニーは逃げ出し、ジャンシーの元を訪れる。ジャンシーはムーニーの手を引いて駆け出し、ディズニーの中へと入って行く。シンデレラ城の方角へと駆けていく2人の後ろ姿をカメラが写したところで、物語は終わる。

 

☆「マジック・キャッスル」の支配人であるビリーは、支配人としての仕事と、ヘイリー母子に対する温情との間に板挟みになる。

☆ビリーの念頭にあるのは、貧困家庭や母子家庭に生まれた子供が、教育を受けず、また「まともな人間」に要求される社会的規範を身につけないまま大人になって、自分もまた貧しくなるという悪循環なのかもしれない。不真面目で、下品で、遊んでばかりいて、何の能力もないくせに一人前のつもりで、どんなに他者を傷つけようとも何の罪悪感を覚えずに開き直る人間の貧しさの原因を、本人に帰すことができない。いかに生まれ育った環境が影響しているか、を考慮に入れる時、彼は本人を責めることができないのである。

☆【悪循環】貧困、親/近所/友人が非協力的・非好意的・非貢献的・攻撃的(初期状態)→自分も非協力的・非好意的・非貢献的・攻撃的→人間関係上のトラブル、教育・就職上の困難→貧困→さらに非協力的・非好意的・非貢献的・攻撃的

・途中、子供など他者の性格形成にも影響

・ただし生得的気質(?)も寄与)

・「初期状態が悪くなければ・・・」→ラスト"Fuck you!!!!!!!!!!!!!!!!!!"

 

 

↓素敵な解説がありました。

 

↓公式サイト